阿蘇山火口見学が再開!

今日は朝から阿蘇山の火口を見学に行ってきました!

2月28日に約3年半ぶりの火口見学が再開されましたが、あいにくの悪天候で火口見学はお預けになりまして、続く3月1日も夕方まで天候が回復せずに約1時間のみの開放だったそうです。というわけで、本日の火口見学が実質的な初日と位置づけ(自分勝手)、午前9時の登山道開放に一番乗りで行ってきました。

この登山道は車で通行できますが、普通車は800円、軽自動車は600円の通行料が掛かります。払いたくない人やバスでお越しの方は、歩道を上っていくこともできます。また、このゲート近くの旧ロープウェイ乗り場からシャトルバスも1,200円/名の料金で運行されています。

【料金所】

【旧ロープウェイ乗り場内の券売所】

【阿蘇火口までの登山道路】

火口付近には駐車場がありますが、ここは以前の噴火や熊本地震での大変な被害から未だに復旧できていません。聞いた話では、ロープウェイの復旧は困難だとの見通しです。それもそのはず、この写真を見ると一目瞭然。

さあ、いよいよ火口見学!と意気込んだものの、午前9時過ぎはまだ火山ガス規制中で火口付近までは行けませんでした。穏やかな西風が吹き続けていたので、もうしばらくしたら規制解除されるはずだと待った10時26分、お待ちかねの火口見学が再開されました。このように阿蘇山火口ではSO2(二酸化硫黄)を含む火山性ガスが噴出しているために、北風や東風が吹き続ける場合には火口付近への立ち入りが規制されることがあります。規制される割合は平均すると年に1/3程度とのことです。

ということで、3年半ぶりの阿蘇山火口おはようございます。

火口の中に見える緑色の部分は、水温70-80度に達する強酸性の湯だまり(火口湖)です。エメラルドグリーンに輝くそれは、「グリーン・アイ」とも称されます。

ここで宣伝用に自分の宣伝動画を撮ってみたんですが、演技が下手だったんでNGになりそうです。もっと思い切らんば。。。

というわけで、これから阿蘇は野焼きを経て春には美しい草原が広がり、一年でも最も見ごたえのある季節になります。色々な観光サイトを見比べて、どうぞ阿蘇へ、そして熊本へお越しください。

阿蘇へのアクセスは詳細については専門のサイト(九州産交など)を参照ください。自動車以外でのアクセスは、熊本駅>>(バス)>>阿蘇駅>>(バス)>>草千里・ロープウェイ乗り場>>(シャトルバス)>>阿蘇山上 という流れです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です