近況報告

一般的な話として、冬場はガイドにとって仕事の少ない時期だと思います。俺も少なかったですよ、もちろん。その分、これから頑張って仕事を入れて稼いでいこうと思います。何とか3月中旬以降から4月全般、それから5月の2/3は仕事で埋まってきました。いわゆる「稼ぎ時」というやつです。6月は今のところまだ6日しか埋まってません。7月8月は今から頑張って集客しないと。

で、仕事の少ない冬場に何をするかというのが命題になりますが、俺の場合は遊んだり遊んだり遊んだり…、というわけはなく、地元の登山道整備に勤しんだり(一日だけ)、サイトの更新作業やPCの各種アプリケーションの使い方を学習したりと、一年の仕事の準備期間ですな。せっかくAdobe Cloud CCに毎月お布施をしよる分を活用せんとね。

ガレ場での道づくり
難所でのロープ張り

で、何のための登山道整備だったかというと、ここ五家荘の久連子というムラの山奥(ここですでに山奥ですが)には『福寿草』という花が2月~3月に群生するのです。この美しい花を観賞しに来る人たちをサポートするためでした。

福寿草の群生地

今年の開花は暖冬により早め。五家荘の居住地域でほとんど積雪がないという、異例の冬になりました。地元の60代の人でも積雪のない年は記憶にないそう。積雪があれば、福寿草はもっと綺麗に映えるとですけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です