熊本南部豪雨による被害

かなりの雨でした。が、五家荘は幸いにも無事でした。

今回の災害で亡くなられた方々に哀悼の意を表します。また、甚大な損害を被った方々に心からのお見舞いを申し上げます。

7/4の朝

以前の投稿で書いている通り、最近は林業に従事しているので天気予報には敏感だった。一日に数回、気象庁とウェザーリポートの天気予報を確認するのが日課になっている。

7/3の夜も、改めて翌朝の天気を確認。どうやら朝から10mm程度の降水量はあるかもしれないが、午前10時ころには雨が止んで場合によっては晴れ間も覗く、という内容だったので仕事の準備をした後にFortniteを数回やって就寝。

午前4時頃だったか、かなりの雨が降っているのを音で確認。この家には洗濯物を干すサンルームがあり、その屋根はトタンなので雨の音は余計に大きく響く。「あー、これで今日の仕事はなかばいな」と思いながらまた眠りにつく。

5時前、ムラのスピーカーから何やら放送がなされるも、この家の立地ではよく聞こえなかった。また眠りにつく。

5時44分、実家の親から心配の電話が入る。そんなに悪い状況なのか?しかしながら前夜のFortniteが響いて眠かったので、また眠りにつく。

そして8時前にに起床し、テレビやネットで情報を確認して初めて状況の悪さを知ることになった。

ムラの状況確認

雨が止んだのを確認してから車で出発。ムラを縦断する国道445号を五木・人吉方面に走ると、土砂が流れ出た跡が確認できた。地元の建設会社が既にブルドーザーで押したようだ。しかしながら、まだ石や土砂が残っていた。

更に先に進むと、建設会社による土砂の除去が行われていた。

しかしながら、ムラの中心地は問題なし。

 

これから

明日(7/6)から数日、また大雨が予想されているので、五家荘でも災害が起きる可能性はあります。これまで降った雨で地盤が緩んでいるためです。とりあえず着替えや水・食料を車に積んで、すぐに避難できるような準備をしました。

今日は下刈りの仕事だったですが、雨が降らんなら明日も仕事だそうです。ばってん、さすがにこの予報なら絶対になかろ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です