台風10号の襲来

また最後の投稿からかなりの期間が空いてしまった。
最近は何事もなく、現場仕事をしております。

さて、いよいよ件の台風が明日九州に最接近し、恐らく九州西部は暴風と豪雨による災害が高確率で発生することが予想されています。ここ五家荘においては、まだ7月の豪雨の災害復旧は完全に終わっておらず、その中で迎える台風ということもあり、かなりの緊張感を持っています。

今日は区長として、民生委員としてムラを回って広報を配りつつ住民に注意喚起を行なった。停電や水道の停止が予想されるため、冷蔵庫・冷凍庫内のものは早めに食べることや浴槽には早めに貯水すること。みんなが一度に水道を全開で使用すると、供給が間に合わないかもしれない。

これは前回の豪雨で水源がやられたために、しばらく断水を味わった経験から得られた教訓。今回は更に長期間の停電も覚悟しないといけない。そのために自主的に避難所開設も周知した。「振興センター五家荘」という、廃校になった小学校跡地を再利用している建物だ。行政による通知が今日の夕方までなかったための措置。俺はあえて行政には自主避難を通知しなかった。

それはなぜかというと、最近はここ椎原地区や近隣の地区が避難できる場所が設定されていなかったため。どうも行政によると廃校になった小学校は耐震性の問題が引っかかるらしく、ここを避難所として認められないらしい。あと、行政の話は“せからしか”。規則がどーだ、手続きがどーだ、と手間がかかることばかりだけん。

ところが、この話が伝わったらしく今日の夕方になってようやく非公式の避難所として設定された。非公式なので行政職員の常駐はない。まあ、この椎原内にもう一つの避難所が設定されたので、近隣地区からの避難者がバラけていいかもしれない。また、食い違っていた消防団との情報の一致も図れた。俺も消防団員ですが。

我が家の補強も出来る限りで行なった。ヤフオクで売ろうと思っていたものを梱包するために段ボールとプチプチ(緩衝材)にテープ類はかなり前から持っていたので、それらを西向きの窓に貼った。特にここは俺の作業部屋で、PC や ギター・ギターアンプなどが置いてある大事なところだ。他の面は低くて細い木々に囲まれているのと資材不足のために補強は行えなかった。

まあ、補強もほぼ養生テープなので雨風には通用しない可能性が高い。布テープが入手できなかった。もしもの場合は避難所に駆け込むしかない。

それから、持っている限りのモバイルバッテリー(英語では power bank という)と単三電池を充電しておいた。停電に備えてスマホは遣えるようにしておきたい。尤も、ドコモの電波が来なければどうしようもないが。

それから、この家に引っ越してきた時においてあった古いランタンが使えるか確認してみたが、残念ながら炎の調節が出来ずにススが出過ぎて使えそうになかった。最後の最後の手段かな。

家々を回るなかで、椎原の特産品を頂いた。

今日作ったばかりの〇〇。ちょっと考えがあるので、これが何であるかは言えない。今夜は豆腐に乗せて晩酌のお供に。

さあ、ムラと家族を守りつつ自分も生き残るぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です